足寄町の心霊スポット

この記事は約3分で読めます。

足寄町(あしょろちょう)

足寄町とは

町名はアイヌ語のエソロペッ(川下り)に由来する。
道内最大の面積を誇り、北海道三大秘湖の一つに数えられるオンネトーと呼ばれる湖沼など、美しい大自然の景観を楽しむことができる。

足寄町の心霊スポット

喜登牛山の山小屋の怪が取り上げられたことがある。
しかし、今では小屋は取り壊されたようである。

普通の広告
普通の広告

Part13

喜登牛山

888 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 22:12:26 ID:lwKwRBfjO

阿寒湖の辺りにいるけど、ここって何かある?

因みにここらの地理は知らない。

896 :本当にあった怖い名無し:2007/06/08(金) 13:23:52 ID:qwOrjmdoO

>>888
連続だが、少し遠いが足寄の喜登牛山には、営林署の方たちが、
なにがあっても絶対入りたくないって言う小屋があり、霊山でもあるらしい。
阿寒湖は自体聞かなくもないが、支笏湖や洞爺湖、摩周湖ほど聞かないな。
釧路町や標茶から網走まて通じる道はタコ労働でできた道みたいだが。

5chで見る

小さな小屋

897 :本当にあった怖い名無し:2007/06/08(金) 14:40:40 ID:utTCEEzI0

足寄の話が出て思い出したんだけど、4・5年前彼氏とドライブ中、
足寄から陸別方面?に向かっていて(R241か242昔の線路跡のある方)
少し川辺の入れるような所でご飯休憩にしようということになった。国道から少しだけ車で脇道に入った所に
背の高さくらいの小さな滝があって、綺麗な川辺に車を止めた。手前に小さな小屋のような建物があり滝まで草の中に
小道が出来ていた。人が出入りしているような感じ。
綺麗な所だったので、良い場所見つけた!と思い一休みしてたら。なんだか急に怖くなってきた。ただならぬ雰囲気っていうの?
「ここなんか変だね?」って彼氏に言ったら、「俺もなんか変な場所だと思ってた…」
とお互い顔を見合わせて急に怖くなり急いで逃げ出した。
特に何も見たわけじゃないんだけど、あそこはなんだったのか気になる。
足寄から陸別方向?に向かって左側だったと思う。

5chで見る

Part2

国道240号線、幌延トンネル、富美地にあった家、常紋トンネル、大森海岸

191 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/12 15:51

■旧北海道庁
この建物をバックに記念写真を撮ると、窓に幽霊が写る事が多いという。
原因は不明だが建物で死んだ人のではないかといわれている。

■喜登牛山の山小屋
営林署の山小屋では怪しい音が聞こえるという。夜中に女性の悲鳴や不気味な笑い声がする。
何度も何度もお祓いをしたそうだが、まったく効果がないらしい。

■松前城
大手門の西側にある耳塚は反抗するアイヌ人兵士二千人余りの耳を切り落として
埋めたものだが未だに怨念が残っているとされる。
また城内の井戸は埋めようとしても埋まらず闇夜にはうめき声が聞こえるとされる。

■函館山の廃墟
奥まった所にあり車では近づけないが戦時中は旧帝国陸軍の要塞として機能していた。
戦時中には発狂した兵士による殺人事件もあったと言われており霊感の強い人が近づくと
物凄い寒気を感じるらしい。

■糠平湖
北海道で2番目の大きさを誇る人造湖。多くの工事関係者が命を落としたといわれる。
観光バスのガイドは観光案内時には客を降ろした後に忘れ物の確認の戻るが
後部座席に血まみれの工夫が必ず座ってる為に絶対に戻らないといわれている。

■泣く木
国道234号線沿いに生えていた不思議な木。
切ろうとすると女のような声ですすり泣くと言われ切ろうとする者に祟った。
現在は切り倒されてしまったが2代目が植えられている。
なお切った男は行方不明となったそうだ。

5chで見る

 
 
タイトルとURLをコピーしました