浜頓別町の心霊スポット

この記事は約2分で読めます。

浜頓別町(はまとんべつちょう)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Part21

若○荘

137 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:2009/06/23(火) 15:12:31 ID:SIUJg/5Z0

北海道ツーリングの記録をブログに書いてるのを読んでたらこんなのが出てきた。
ちょいと抜粋。
浜頓別の若○荘って宿での事らしい。

疲れていたので、食後すぐに睡魔に襲われた。

寒い・・・凍えるように寒い。なんだか雪山に居るようなそんな感じがした。
このままじゃ遭難する・・・動かないと・・・でも動けない。
声を上げようとしても声すらでない。目だけが見開くことができた。天井しか見えない・・・。
でも・・・暗い部屋に誰か居るような気がした。いや、絶対に人がいる・・・。

大柄な男の人・・・日本人?いや外国人?!軍人さんではないだろうけど厚手のコート
みたいなのを羽織ってるような感じ・・・。天井しか見えないのに何故か気配を感じる。
これって・・なんかやばい・・・恐くて目をつむった。

138 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:2009/06/23(火) 15:14:41 ID:SIUJg/5Z0

気がつけば朝だった、恐い夢を見たなぁ。いつもは夢なんて覚えてないんだけど
なぜかはっきりイメージが残っていた。

外はいいお天気、さあ、朝飯食うぞ!!

「おばちゃん、昨日ここへ来る時ミニスカートのねーちゃん見てんでぇ!」
「寒いのに、ようがんばるなぁ。」

おばちゃんからは、もう夏だから普通とちがうの?というあたりまえのような答えが帰ってきた。

「でも、ここ寒いよ。」
「昨日は凍死する夢までみたよ。」

寒いって言っても、冬場は毎日30度くらいになるんだよ。

「さんじゅうどって?」
「マイナス?!」

そう・・・。

同じ日本でもこの気温差は凄すぎる。

その会話へ、同じく近くのテーブルで朝食を食べていたライダーの兄ちゃんが入って来た。

俺も凍死する夢見た・・・なんか大きな男が出てきた。

誰か確認ヨロシク!

5chで見る
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました