京丹波町の怖い話

この記事は約1分で読めます。

京丹波町(きょうたんばちょう)

京丹波町とは

京都の中部にある町で、古くから宿場町で栄えた。丹波の黒豆で有名。
酪農の生産が主で、全体の半数以上を占めている。
京都府随一の鍾乳洞(質志鍾乳洞)が位置し、京都の自然200選に選出された。


\すまんな、アドセンスやで!/


Googleの画像表示はからスポット名をクリックし、サムネイルを押すと表示・再生されます。

\すまんな、アドセンスやで!/
\すまんな、アドセンスやで!/

小野

板坂峠の南

671本当にあった怖い名無し0wx7UZsp0

7年前の話。
国道173号線を大阪から、舞鶴方面に車で走行中、
板坂峠の南で、顔色の悪いお爺さんが手を上げるので停車すると
トラックで事故を起こしたので、電話のある所まで、
乗せて欲しいといった。話を聞くと事故を起こしたのは、昨日の夜で、
車の中で夜をすごしたとの事でした。
息子に電話をして迎えに来てもらうつもりらしい。
私の目には、極普通の人間に見え、怪しい所が無かった。
翌日新聞を見ると、そのお爺さんを乗せた場所で事故があり、
お爺さんが1人亡くなっていた。
今思うと、あの特、車に乗せたおじいさんは、
何だったのか思うと背筋が凍る。

2chで見る
 
\すまんな、アドセンスやで!/
\すまんな、アドセンスやで!/
京都府の市町村
心霊スポットスレまとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました