住田町の怖い話

この記事は約1分で読めます。

住田町(すみたちょう)

住田町とは

町名の由来は合併前の下有住村と世田米町から
岩手県の東南部にある気仙郡に位置する。宮沢賢治が『風の又三郎』などの題材に用いた種山ヶ原は、同市と奥州市、遠野市にまたがる高原地帯で、中腹にはイベント広場が設けられている。

\すまんな、アドセンスやで!/
\すまんな、アドセンスやで!/

町域不明

種山高原

202本当にあった怖い名無しH0xeJw6L0

種山高原だっけか?あのよくキャンプとかやるところ。あそこに入る道路に出る。
どうも人がたくさん死んだようだし、俺は友達と真夜中に行ったところフロントガラスになにかがどすんと落ちてきた。
そういえば冬場に死んだ人が雪に埋もれて発見されないで、春になって雪が溶けて車の真上に落ちてきた事があるんだと。

5chで見る

 
\すまんな、アドセンスやで!/
\すまんな、アドセンスやで!/
岩手県の市町村
心霊スポットスレまとめ
タイトルとURLをコピーしました